「なぜ日本のお祭りは夏に多いの?」と聞かれたら

夏はお祭りの季節。
日本の文化、ということで
外国人をお連れする機会もあることでしょう。

盛り上がる中、こう聞かれました。

「なぜお祭りが夏に多いんですか?」

さてどう答えましょう?

私たちにとっては「当たり前」のことが、
外国人にとっても当たり前、として
受け止められるというわけではありません。

さて、なぜか。

ざっくりとまとめれば、
災害が多い季節における「鎮魂」が主な目的です。

「夏は多くの災害が起きます。」

“There are many disasters in summer.”

音声:http://goo.gl/04fwgG

“disaster” (ディザァスタ) が 「災害」 です。

「アクシデント」 とも 「ハプニング」 とも
やっぱりちょっと違いますので

地震など多発する日本においては
この単語、覚えておいてもいいでしょう。

「昔は死者の魂が怒っているためと考えられていました。」

“In the old times, people thought that’s because spirits of the dead were angry.”

音声:http://goo.gl/6j9aLo

“spirits of the dead”=「死者の魂」

「そのためその魂を鎮めるために夏祭りがおこなわれるようになりました。」

“So, summer festivals were started to heal the spirits.”

音声:http://goo.gl/KTTJkV

“heal”=「癒す、鎮める」。 ヒーリング、ですね。

「鎮魂」 は日本文化の重要な要素です。

“to heal spirits”は学校ではやりませんが
観光案内英語では超重要表現です。

夏祭り、ワクワクしますね。
…でも主催側になると大変ですから、
野次馬として、のカッコつきです。

<お知らせ1>
1日で外国人観光客の案内が英語でできる!

「初心者のためのおもてなし観光英語一日講座」

http://goo.gl/EdFEtB

<お知らせ2>
基本的な外国人への案内とさらにもう少し突っ込んだ説明をマスター!

「初心者のためのおもてなし観光英会話講座中級編」

http://goo.gl/DyfVJW

<お知らせ3>
道案内の仕方など、重要表現がわかる!

無料メルマガ「岩本寛のとっさのひとこと英語」全10回
 ↓
http://aeruba.co.jp/ach/eng2

<お知らせ4>
日本人の心持ちを英語で表わせる!

動画講座「ヒューマンコミュニケーション力向上委員会」
 ↓
http://goo.gl/1Geupn

<お知らせ5>
旅行英語を自宅でマスター!

動画講座「英語で世界に弾丸トラベル!」
 ↓
http://goo.gl/kGeaFA

<お知らせ1>

・格安の費用で英語留学を
「スリランカ英語留学 SELS」

http://www.sels.jp/


「スリランカ留学無料説明会」開催します。

https://goo.gl/ymtYpS

<お知らせ2>

・スカイツリーで外国人観光客を食事に誘おう!

「英語で和食night」

https://goo.gl/SAzg9m
Copyright©Goodlife Learning All Rights Reserved. Crafted with love by SiteOrigin.
Scroll to top