間違えやすい英語<その2>

外国人と食事をともにする機会があったとします。

以前も扱った居酒屋だとか、
少し格式高い和食の店とか、

あるいは、お宅に招待されたり。

で、料理を口にして絶品の味!

そんなとき、言いたくなります。

“Very delicious!”

でも、実はそれには少し違和感を
相手に感じさせます。

“delicious”“very good”“very tasty”ということなので、

「とても」がすでに含まれている言葉です。

ですので、“very delicious”だと
同じことが重なってしまいます。

「美味で美味しい」「腹痛が痛い」と
いうようなものでしょうか。

一言“Delicious!”で満足感は十分伝わります。

<お知らせ1>
10月から2月までの全10回で、外国人への日本案内をマスターします!

「日本を紹介できる!」英語講座開催!
 ↓
http://goo.gl/4U6qUu

<お知らせ2>
道案内の仕方など、重要表現がわかる!

無料メルマガ「岩本寛のようこそ英語を学ぼう」全10回
 ↓
http://aeruba.co.jp/ach/eng2

<お知らせ3>
旅行英語を自宅でマスター!

動画講座「英語で世界に弾丸トラベル!」
 ↓
http://goo.gl/kGeaFA

<お知らせ1>

・格安の費用で英語留学を
「スリランカ英語留学 SELS」

http://www.sels.jp/


「スリランカ留学無料説明会」開催します。

https://goo.gl/ymtYpS

<お知らせ2>

・スカイツリーで外国人観光客を食事に誘おう!

「英語で和食night」

https://goo.gl/SAzg9m
Scroll to top