血なまぐさい英語

犬はかわいいものです。

特に、プードルやチワワのような
小さくてコロコロした犬が大人気の今の時代、

こんな表現の意味、想像つきづらいかもしれません。

“dog eat dog”

犬も時には牙をむきます。

どんな意味だと思いますか?

おぞましい光景が目に浮かぶかもしれません。

“dog eat dog” = 「食うか食われるか」

“Business is always dog eat dog.”

(ビジネスはいつも食うか食われるかだ)

でも、「食らわば骨まで!」とばかりに
他の犬に食らいつくことなどしそうにない
ワンちゃんが好まれている今、

「食うか食われるか」の舞台から降りている人は多いです。

<お知らせ1>
10月から2月までの全10回で、外国人への日本案内をマスターします!

「日本を紹介できる!」英語講座開催!
 ↓
http://goo.gl/4U6qUu

当講座の無料体験講座開催します。
 ↓
http://kokucheese.com/event/index/323362/

<お知らせ2>
道案内の仕方など、重要表現がわかる!

無料メルマガ「岩本寛のようこそ英語を学ぼう」全10回
 ↓
http://aeruba.co.jp/ach/eng2

<お知らせ3>
旅行英語を自宅でマスター!

動画講座「英語で世界に弾丸トラベル!」
 ↓
http://goo.gl/kGeaFA

<お知らせ1>

・格安の費用で英語留学を
「スリランカ英語留学 SELS」

http://www.sels.jp/


「スリランカ留学無料説明会」開催します。

https://goo.gl/ymtYpS

<お知らせ2>

・スカイツリーで外国人観光客を食事に誘おう!

「英語で和食night」

https://goo.gl/SAzg9m
Scroll to top