英語で一言言いたい時<その2>

前回に引き続き、不快な目にあった場合のことを。

旅行先などで、変な外国人につきまとわれると
いうこともあるかもしれません。

そんな時には相手にしないというのが一番ですが、
それでもあまりにしつこい場合には
ゆっくりと強い口調で言いましょう。

“Please leave me alone!”(リーッ ミー ゥローン)

「ほっといてください!」

“please”は、「丁寧なお願い」をするときにつけると
思われる方もいるでしょうが、

結局は命令の形なので、それほど丁寧とは言えません。

まして今回のように頼むのではなく強い調子で言えば
「警告」のような響きを持ちます。

しかし、それでもなおであれば、
口だけではないということを示さざるを得ないでしょう。

“I need to call the police.”アイ ニー タコー ダ ポリース)

「警察に連絡する必要があります。」

一応、行く可能性のある国々について
警察につながる番号をおさえておきましょう。

ヨーロッパ:112

アメリカ:911

オーストラリア:000

韓国:112

中国・台湾:112

もちろん連絡せずにこしたことはありませんが、
備えあれば…で思う存分旅を満喫したいところです。

<お知らせ1>
10月から2月までの全10回で、外国人への日本案内をマスターします!

「日本を紹介できる!」英語講座開催!
 ↓
http://goo.gl/4U6qUu

<お知らせ2>
道案内の仕方など、重要表現がわかる!

無料メルマガ「岩本寛のようこそ英語を学ぼう」全10回
 ↓
http://aeruba.co.jp/ach/eng2

<お知らせ3>
旅行英語を自宅でマスター!

動画講座「英語で世界に弾丸トラベル!」
 ↓
http://goo.gl/kGeaFA

<お知らせ1>

・格安の費用で英語留学を
「スリランカ英語留学 SELS」

http://www.sels.jp/


「スリランカ留学無料説明会」開催します。

https://goo.gl/ymtYpS

<お知らせ2>

・スカイツリーで外国人観光客を食事に誘おう!

「英語で和食night」

https://goo.gl/SAzg9m
Scroll to top