ハロウィンの英語

ハロウィンは年々賑やかになっていますね。

仮装もずいぶんと手が込んでいます。

私、あまり日本のハロウィン事情に詳しくないのですが、
日本では実際に子供たちが見ず知らずのお宅に

お菓子をもらいに行くということは
あまりないように思われますが、

それでも町内やマンション内であらかじめイベントとして
行うというところはあるかもしれませんね。

子供たちは、“trick or treat”(トリック オア トリート)

「いたずらかお菓子か→お菓子くれないといたずらするぞ」

と言って玄関先にやってきますが、

さて、そうなった場合、私たちはどう返しましょうか?
もちろん日本ですから日本語でいいのですが、

この際せっかくなら、子供たちが英語なら
英語で返してみるのもいいかもしれません。

流れで考えたら、

まずは、“Happy Halloween!”で迎えてあげましょうか。

そしてお菓子を渡すときに

“Here you go.” (ヒアユ ゴウ)

「はい、どうぞ」

これは、相手に何か物を渡すときに使います。

何も言わずに物を差し出すだけでは、
やはりぶっきらぼうな印象は免れませんので、
箸をわたすでも、落し物をわたすでも、
ぜひ添えたい言葉です。

お菓子を渡したら、例えば

“Have fun !”(ハヴ ファン!)

「楽しんでね!」で見送ってあげましょう。

日本語の後に英語を言ってみましょう。

大人も楽しそうに英語を使ってあげれば、
子供たちも「何て言ったの?」と
興味を持ってくれるかもしれません。

そこから英語勉強してみたい!になるかもしれません。
何がきっかけになるかわかりませんから。

もっとも今の子供たち、
小さい頃からずいぶん英語を勉強していて
すでに達者な子も多いようですが。

<お知らせ1>
10月から2月までの全10回で、外国人への日本案内をマスターします!

「日本を紹介できる!」英語講座開催!
 ↓
http://goo.gl/4U6qUu

<お知らせ2>
道案内の仕方など、重要表現がわかる!

無料メルマガ「岩本寛のようこそ英語を学ぼう」全10回
 ↓
http://aeruba.co.jp/ach/eng2

<お知らせ3>
旅行英語を自宅でマスター!

動画講座「英語で世界に弾丸トラベル!」
 ↓
http://goo.gl/kGeaFA

<お知らせ1>

・格安の費用で英語留学を
「スリランカ英語留学 SELS」

http://www.sels.jp/


「スリランカ留学無料説明会」開催します。

https://goo.gl/ymtYpS

<お知らせ2>

・スカイツリーで外国人観光客を食事に誘おう!

「英語で和食night」

https://goo.gl/SAzg9m
Scroll to top