「柔よく剛を制す」を英語で

日本の“martial arts” (格闘技)も独特ですね。

もはや柔道は世界の競技ですが、
剣道や相撲、合気道なども含め
相手を倒すということだけに終始しない精神性は
多くの外国人をも魅了しています。

「国技」として扱われる相撲では
決して体格の違いが、もちろん有利ではありますが、
勝負を即左右するわけではないのは面白いところですね。

小兵がその何倍にも見える相手を土につけたりすると
割れんばかりの喝采です。

「柔よく剛を制す」 なんて言葉もありますし。

…さてこの言葉、英語でどのように表わしましょう?

“Flexibility sometimes beats macho.”

(フレクシィビリリィ スムタイムズ ビィツ マッチョゥ)

“flexibility”は「柔軟性」 とか「融通性」 という意味です。

“beat”は 「負かす」。

これだけをいきなり出すと会話では不自然なので、

“We have an expression, like…”

(こんな表現があるんですが…) などと言ってから
続けてみると納得して聞いてくれると思います。

“We have an expression, like ‘Flexibility sometimes beats macho.’”

でも“macho” (マッチョ) の方も日頃の鍛錬の賜物ですので
若干茶化し気味の言葉で恐縮ではあります。

日本の“マーシャル・アーツ” からは
「アート」 を感じたいものですね。

音声はこちらからご確認ください。

http://goo.gl/L432dG

<お知らせ1>
1日で外国人観光客の案内が英語でできる!

「初心者のためのおもてなし観光英語一日講座」

http://goo.gl/EdFEtB

<お知らせ2>
道案内の仕方など、重要表現がわかる!

無料メルマガ「岩本寛のとっさのひとこと英語」全10回
 ↓
http://aeruba.co.jp/ach/eng2

<お知らせ3>
旅行英語を自宅でマスター!

動画講座「英語で世界に弾丸トラベル!」
 ↓
http://goo.gl/kGeaFA

<お知らせ1>

・格安の費用で英語留学を
「スリランカ英語留学 SELS」

http://www.sels.jp/


「スリランカ留学無料説明会」開催します。

https://goo.gl/ymtYpS

<お知らせ2>

・スカイツリーで外国人観光客を食事に誘おう!

「英語で和食night」

https://goo.gl/SAzg9m
Copyright©Goodlife Learning All Rights Reserved. Crafted with love by SiteOrigin.
Scroll to top