「もう一度言ってください」を英語で

外国人と話すことになっても
英語がよく聞き取れない。

そんなときの
「もう一度言ってくれませんか?」

よく紹介されている表現ですが、
改めて確認してみましょう。

相手にまた言ってもらわなければならないので
こちらの言うことは短い方がいいですね。

“Sorry?” “Pardon?” (パーデュン?)

失礼でもない聞き方です。

文章できっちりと、ということであれば、

“Could you say that again?”

(クジュ セイ ダラゲン?)

“Could you ~”は相手に丁寧にお願いをするときの枕詞です。

外国語が聞き取れないというのは
当たり前と言えば当たり前。

“Could you”で十分丁寧にお願いしていますから、
遠慮せずに聞き返していいと思います。

相手もあなたの英語を評価するわけではなく
「わからなかったんだな」と思うだけですので。

<お知らせ1>
来年1月からの新講座です。
英語によるコミュニケーションの考え方が変わります。

「問題解決ビジネス英語講座」

http://goo.gl/o1fQSB

<お知らせ2>
10月から2月までの全10回で、外国人への日本案内をマスターします!

「日本を紹介できる!」英語講座開催!
 ↓
http://goo.gl/4U6qUu

<お知らせ3>
道案内の仕方など、重要表現がわかる!

無料メルマガ「岩本寛のようこそ英語を学ぼう」全10回
 ↓
http://aeruba.co.jp/ach/eng2

<お知らせ4>
旅行英語を自宅でマスター!

動画講座「英語で世界に弾丸トラベル!」
 ↓
http://goo.gl/kGeaFA

<お知らせ1>

・格安の費用で英語留学を
「スリランカ英語留学 SELS」

http://www.sels.jp/


「スリランカ留学無料説明会」開催します。

https://goo.gl/ymtYpS

<お知らせ2>

・スカイツリーで外国人観光客を食事に誘おう!

「英語で和食night」

https://goo.gl/SAzg9m
Scroll to top