「じゃあ…」を英語で

どこかへ出かけるのに
何人かで待ち合わせをしているとします。

さてみんな揃いました。
では、ということで出発ですが、

その中に外国人がいるときは
いきなり出発ではなく、

日本語の「じゃあ…」のように、
英語でも何か一言添えて心の準備を促してあげましょう。

あるいは別のケースで
居酒屋に行って皆に最初の一杯がいきわたって、
「じゃあ…(始めますか)。

会の中で話も程よい感じで尽きてきて、
「じゃあ…(行きますか)。

次の行動に移るときに使う「じゃあ…」
英語でも短いですので何かのときに。

“Shall we?”(シャォ ウィ?)

この一言で大丈夫です。

“Shall we ~”と何かが後ろに続く場合は、

「~しませんか?」と相手にお誘いしたり促したりする言葉です。
「Shall we ダンス?」という邦画が以前ありました。

その場の雰囲気で次の行動が明らかであれば
“Shall we (go)?”だったり“Shall we (start)?”と、
省略されているということです。

いきなり周りが動き出して、
あわてて自分も…という
なんとなく取り残された疎外感を外国人に感じさせずに

皆が気持ち良く団体行動がとれるように
そういう場合があれば、“shall we?”と一言添えてあげるといいでしょう。

音声はこちらからご確認ください。

http://goo.gl/UOOudr

<お知らせ1>
新年1月からの新講座2つ目です。
「話したい」から「話せる」に変身しませんか?

「英語が話せる!が実現する英語講座」

http://goo.gl/lC1JYl

<お知らせ2>
新年1月からの新講座です。
英語によるコミュニケーションの考え方が変わります。

「問題解決ビジネス英語講座」

http://goo.gl/o1fQSB

<お知らせ3>
道案内の仕方など、重要表現がわかる!

無料メルマガ「岩本寛のとっさのひとこと英語」全10回
 ↓
http://aeruba.co.jp/ach/eng2

<お知らせ4>
旅行英語を自宅でマスター!

動画講座「英語で世界に弾丸トラベル!」
 ↓
http://goo.gl/kGeaFA

<お知らせ1>

・格安の費用で英語留学を
「スリランカ英語留学 SELS」

http://www.sels.jp/


「スリランカ留学無料説明会」開催します。

https://goo.gl/ymtYpS

<お知らせ2>

・スカイツリーで外国人観光客を食事に誘おう!

「英語で和食night」

https://goo.gl/SAzg9m
Copyright©Goodlife Learning All Rights Reserved. Crafted with love by SiteOrigin.
Scroll to top