「しょうがない」を英語で

日本人はよく「しょうがない」という言葉をよく使います。

この概念、欧米圏と日本を含むその他地域では
受け止め方が異なります。

もちろん人それぞれもありますが、

アジア圏などでは、どうしようもないことは
そのまま受け入れるという態度ですね。
それはたしかに早々のあきらめになることもしょっちゅうです。

欧米では、「しょうがない」状況になる前に
とにかく手を打つ。
積極的ですがそれはときに自己保身のためでもあります。

この「しょうがない」
英語ではどのように言うでしょうか?

“It can’t be helped.”

(イッ キャェンビ ヘオッ)

「その状況はもう助けられない」というのが直訳です。

日本人としては便利で身近な表現なので
ついつい口に出すことが多いですが

行動をしないための言い訳として受け取る外国人もいますので
自分のこととしては多用はしない方が無難です。

これは相手のために使うのが良いでしょう。

外国人ゲストに対して使うということで考えると

相手が何らかの事情で予定をキャンセル、
変更しなければならない、
あるいは何らかの理由で遅刻してしまう場合です。

どうしようもない理由があるならば、それは

“No problem. It can’t be helped.”

「全然問題ないですよ。しょうがないことですからね。」と言ってあげて
気遣いの負担を減らしてあげましょう。

積極的に動くことを倦まずにその結果としての
最後は「しょうがない」で受け入れる。

これでいきたいものです。

音声はこちらでご確認ください。

http://goo.gl/uaJDr7

<お知らせ1>
新年1月からの新講座2つ目です。
「話したい」から「話せる」に変身しませんか?

「英語が話せる!が実現する英語講座」

http://goo.gl/lC1JYl

<お知らせ2>
新年1月からの新講座です。
英語によるコミュニケーションの考え方が変わります。

「問題解決ビジネス英語講座」

http://goo.gl/o1fQSB

<お知らせ3>
道案内の仕方など、重要表現がわかる!

無料メルマガ「岩本寛のとっさのひとこと英語」全10回
 ↓
http://aeruba.co.jp/ach/eng2

<お知らせ4>
旅行英語を自宅でマスター!

動画講座「英語で世界に弾丸トラベル!」
 ↓
http://goo.gl/kGeaFA

<お知らせ1>

・格安の費用で英語留学を
「スリランカ英語留学 SELS」

http://www.sels.jp/


「スリランカ留学無料説明会」開催します。

https://goo.gl/ymtYpS

<お知らせ2>

・スカイツリーで外国人観光客を食事に誘おう!

「英語で和食night」

https://goo.gl/SAzg9m
Copyright©Goodlife Learning All Rights Reserved. Crafted with love by SiteOrigin.
Scroll to top