海外へのおみやげ

あるお店でこんな商品が。
スターウォーズのダース・ベイダーと
花火の柄の手ぬぐいです。

こういうのは、海外へのおみやげにもアリかなと思いました。

海外へのおみやげって悩みますね。
こちらは日本の文化をと思っても相手によりけりです。

私も昔、アメリカに留学するときに
ホストファミリーへのおみやげとして
半被と和柄のカバンを買いましたが、
使われる様子は一切なく(笑)。

ある時、日本のことを
現地のある小学校で紹介する機会があり、
おみやげとして渡した半被をそこで見せようと
ファミリーに「貸して」と言ったら、
袋に入ったままだったという苦い経験です(笑)。

やはり普段の生活になじむものでないと
喜んでもらえるのはその場限りになる可能性も高いです。

立場を代えて考えてみれば、例えばアオザイもきれいですが
買って帰っても、なかなか着る機会ないですよね。

お世話になったホストファミリーの息子さんは
フランスのサッカーユニフォームをよく着ていて
聞けば、以前一緒に住んだフランスからの留学生にもらったとのこと。
背中には、その息子さんの名前入りで、
なるほど、これは喜ぶよなあと感心しました。

日本半分+実用半分が、いいバランスで。
でも、その「日本半分」が決して私たちが思う
“伝統文化”だけではないところが
私たちの思いこみが問われるところです。

味覚は万国共通ですから、
お菓子は喜んでもらえますね。

抹茶味のキットカットなどは人気、と言われています。
あと、いろいろな味の炭酸飲料も面白がって
買う外国人観光客は結構います。

ひとつ誇らしいのは、日本のお菓子は、
自分の土俵ではない洋菓子でも
見た目もきれいで喜ばれます。

他には…
見たことはありませんが、
日の丸の赤白のミッキーマウスとか
浮世絵風の世界各地の絵はがきとかがあれば
また喜んでもらえるかもしれません。

たかがおみやげ、かもしれませんが、
「日本といえば…」よりも、
自分のワクワク感、好奇心を頼りにするべきでしょう。

<お知らせ1>
10月から2月までの全10回で、外国人への日本案内をマスターします!

「日本を紹介できる!」英語講座開催!
 ↓
http://goo.gl/4U6qUu

当講座の無料体験講座開催します。
 ↓
http://kokucheese.com/event/index/323362/

<お知らせ2>
道案内の仕方など、重要表現がわかる!

無料メルマガ「岩本寛のようこそ英語を学ぼう」全10回
 ↓
http://aeruba.co.jp/ach/eng2

<お知らせ3>
旅行英語を自宅でマスター!

動画講座「英語で世界に弾丸トラベル!」
 ↓
http://goo.gl/kGeaFA

<お知らせ1>

・格安の費用で英語留学を
「スリランカ英語留学 SELS」

http://www.sels.jp/


「スリランカ留学無料説明会」開催します。

https://goo.gl/ymtYpS

<お知らせ2>

・スカイツリーで外国人観光客を食事に誘おう!

「英語で和食night」

https://goo.gl/SAzg9m
Scroll to top