英語の勉強方法のひとつ<その7>

英語の参考書がいろいろと出ています。

それらを見ると、ある場面での会話を例として
その中で使われる重要表現が紹介されたりという形が多いです。

空港にて、ホテルにて、出張での自己紹介等々…

当然役に立つ表現が使われていて
それを勉強するのは当然いいのですが、

「自分だったらどう言うか」という視点を持って
会話の流れを想定した会話集を考えてみることをお勧めします。

市販の参考書を当然参考にはしますが、
自分の言うことまで全てお任せしないということです。

例えば、前回の拙稿の
買い物の際の「また来ます!」という表現。

実際として、店員さんがいろいろと出してくれている状況で
いきなり何の前触れもなく、
「また来ます!」では唐突すぎると感じる方もいるかもしれません。

自分ならその前後に何か言うだろうか。
脚本家になったつもりで、ご自身なりの筋書き作りです。

例えば、私なら「また来ます!」の前に、

「もう少し考えてみる時間が必要かなあ。」と言うかな、など。

(= “I need a little more time to think.”)

英語でどう言うかがわからなければ、
翻訳のサイトもいろいろとありますので、
まずはそれを使ってみてもいいでしょう。

http://ejje.weblio.jp/(Weblio辞典)が比較的いいかなと思います。

翻訳結果の文に加えて類似の例文も表示されまして、
そちらの類似例文の方が実は正確な場合が多い気がします。
音声も収録されています。

なるべく正確な翻訳にするには、
日本語ではかなり省略される「主語」を入れることがポイントです。
自分が言いたいことを英語にする大事な点です。

話がそれましたが、
英語で良いコミュニケーションをとるために、

「自分だったらこの場面では他に何を言うか」

という視点を加えてみてください。

<お知らせ1>
10月から2月までの全10回で、外国人への日本案内をマスターします!

「日本を紹介できる!」英語講座開催!
 ↓
http://goo.gl/4U6qUu

<お知らせ2>
道案内の仕方など、重要表現がわかる!

無料メルマガ「岩本寛のようこそ英語を学ぼう」全10回
 ↓
http://aeruba.co.jp/ach/eng2

<お知らせ3>
旅行英語を自宅でマスター!

動画講座「英語で世界に弾丸トラベル!」
 ↓
http://goo.gl/kGeaFA

<お知らせ1>

・格安の費用で英語留学を
「スリランカ英語留学 SELS」

http://www.sels.jp/


「スリランカ留学無料説明会」開催します。

https://goo.gl/ymtYpS

<お知らせ2>

・スカイツリーで外国人観光客を食事に誘おう!

「英語で和食night」

https://goo.gl/SAzg9m
Scroll to top